FC2ブログ

C-products

ハンドメイドルアーブランド"C-products" ルアーの他にも海や魚をテーマにしたアクセサリを展開。 製作、販売、活動日記。

2013-08

ペットボトル工作。その後

結果です。
上からの写真で分かりずらいですが


スジエビ13匹
手長エビ1匹
ウグイ1匹
でした。
初めにしては上出来でしょうか。

しかし改善点も多々ありました。
・ペットボトルがちゃんと水中で横になっているか?
・オモリは石はやめよう(容積の低下、
浮上時に生き物を傷つけるかも)
・パン&魚肉ソーセージはあまりよく無く、スルメが好調だった。濁っている水質の場所なのでニオイが効くのかも。


など多数。
次は大漁を目指します。
スポンサーサイト



ペットボトル工作

これから急遽Sky Garageの友人と魚を獲る罠を仕掛けて来ます。
近所の水路の生態調査です。


夏休み工作の代名詞、ペットボトル罠。
ペットボトルをバラシながら感じました、
今やってもなんと楽しい事かと。

今回は11セット製作。やる事は若いが量が大人。

餌はパン、スルメ、魚肉ソーセージの三種類を試してみます。

水路の生態調査。という大義名分のもと餌を購入。

作業しながら気づきました。
こういうのはむしろ大人になってからが本番であるということに。

夜中、再び友人と合流し回収へ向かいます。
結果やいかに。

ルアー作り4

前回の記事の内容ともう一つ、
凄く頻繁に質問されるのはコーティング材です。

私はルアーの場合ですと「ウレタン」「エポキシ」「セルロースセメント」と
主に3種類のコーティング材を使い分けて使用しております。





ウレタン。これは吹き付けコーティング用。色止めしないで吹いても色流れなし。使い勝手がいいです。



お馴染みクリスタルレジン。私は2より初代派です



釣り以外であまり聞かないセルロースセメント。癖があるので扱いは面倒ですが硬化してしまえば硬さは最強。


今のところ、どんな環境でもどんな素材でも1つで補えるコーティング材はありません。
それぞれに長所と短所があるので状況によって使い分けです。



同じ素材でもメーカーや銘柄によって使い勝手が全然違ったりします。
樹脂は相性が重要なので結構、使わなければ分からないので試すしかないんですよね。

ルアー作り3

ようやく在庫の数が一定数確保できてきたここ最近。
しかし今年は後半も忙しくなりそうな兆しがあるので、手を緩めず多めに作ります。


今回はアルミテープを張る工程をご紹介です。
この方法は知り合った作家様方にも割と良く質問される工程です。

ルアービルダーの間ではホイルフィニッシュと言われるこの工程。
塗料のシルバーよりも断然リアルな仕上がりに出来る反面、
柔らかく傷がつきやすいアルミは扱いがやや難しく、爪が触れただけで傷がついてしまいます。

なので慣れるまでが結構大変な工程です。(爪が長い方は厳しいかもしれません)



アルミテープをこのようにコーティングされた木の土台へ張っていきます

こんな感じに

この時にいかにシワを入れないかが仕上がりの綺麗さを決めます。
シワが寄らないように引っ張りつつ、けれど強く引っ張りすぎると破れてしまうので上手な力加減で張っていきます。

で、余分な所をカットしカッターで彫刻して仕上げるのですが・・・
ここでも鱗の角度や間隔、目の位置などを一発で彫刻していきます。
失敗したらもちろん、剥がして最初からやり直しです。

写真少なかったかな

 | ホーム | 

 

プロフィール

clabfish

Author:clabfish
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
雑談 (8)
製作 (14)
釣り (12)
釣り(遠征) (4)
ルアー (5)
魚の探し方 (2)
活動情報 (6)
イベント (19)
作家紹介 (2)
知り合い紹介 (3)
ご挨拶 (3)
新作業場 (5)
納品 (0)
納品情報 (2)
新商品 (1)
お知らせ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR