FC2ブログ

C-products

ハンドメイドルアーブランド"C-products" ルアーの他にも海や魚をテーマにしたアクセサリを展開。 製作、販売、活動日記。

2012-07

睨めっこ


魚は基本的に、人間が魚に気づくより早く人の存在に気づく。
魚の側線は、人が枝一本踏み潰したパキッという音も感知する超高感度センサー。
そして人間=危険という事も知っていて
ルアー=偽者という事も知っている。

その魚の口をどうやって使わせるのか。
人間の気配を察知してナーバスになった魚に、ただただルアーを泳がせても釣れる訳はなく
「口を使うまい」と思っている魚の理性を超える、野生の感性を使わせる方法を促してやる必要がある。

例えばリアクション、千鳥、水面、夜釣り、威嚇
ルアーにしてもアラバマに、ビッグベイト・・etc

そのヒントは色々な所に散らばっていて
実績のあるルアー、売れているルアー、ひょんな事に口を使った魚。
様々なヒントを分析し抽象化し応用する。
つまりルアーを普段には無い何か特別な状態にして、きっかけを作り出してやる事が大切なのです。
こつは睨めっこ。


何やら難しそうな話になってしまいましたが言い換えれば、
いくつもあるそのスイッチの何か1つでも入れることが出来れば魚はウソのように口を使うという事。
ついさっきまではノーバイトだったのに、いきなり釣れ続ける。なんて事はざらにあるのです。

その手助けの1つを担うのがビルダー。
ルアーにコンセプトを設け、自分が魚に対して感じた可能性をルアーという表現物にして
何らかの意図を盛り込む。
それを明確に表現する人もいれば、こっそり詰め込む人もいる。
場合によってルアーがただの樹脂や木の塊になる事もあるし、生き物より生き物になる事もある。






時代は変わり、ルアーフィッシングはよりゲーム性が増してきたように思います。
それはつまりルアーの作り方も移り変わるという事。
新しいものつくりはすぐそこ。

物ばっかり作っているから言葉で表現するのが下手なんですがね
ここ数日の猛暑と雨が少ないせいで水位が一気に下がりました。各地アオコだらけ。
夏です。
スポンサーサイト



 | ホーム | 

 

プロフィール

clabfish

Author:clabfish
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
雑談 (8)
製作 (14)
釣り (12)
釣り(遠征) (4)
ルアー (5)
魚の探し方 (2)
活動情報 (6)
イベント (19)
作家紹介 (2)
知り合い紹介 (3)
ご挨拶 (3)
新作業場 (5)
納品 (0)
納品情報 (2)
新商品 (1)
お知らせ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR